カテゴリー別アーカイブ: 古本屋になったきっかけは?

古本屋になったきっかけは? 書肆画廊奈良書店

若きころは画家志望で研究所で勉強しつつ、神保町の古書店(大雲堂)に勤務。
いつの間にか古書の世界の面白さにどっぷり浸かり修行の身となる。
一枚の版画を●●円で手に入れた作品を見せた事で、美術評論家K氏から
版画史やコレクトの世界を勧められる(その作家は今や世界で活躍)。
古書と版画は同じ世界であることを実感している。

古本屋になったきっかけは? ふじみ書房

会社勤めの時、30歳になったらどうするか、このまま継続するか、転職あるいは独立するかを考えていて、以前より古い物に興味があり、
また、書店廻りをしてその店で立ち読みを数回したのち読み終えたものを買っていた。
それらのことから、地元に今まで古本屋がなかったこともあり、古書店をやってみようと決めた