カテゴリー別アーカイブ: 古本屋として思うこと

思うこと 古書肆城郭文庫

後継者の養成が大変だなと思います。ネット時代で調査のほとんどは本を見なくて済みます。コミックは新古書店の分野です。各地に残された古書店が生き残るのは容易ではありません。古書店を次の世代に残せるかは、いかに次代の人材を養成するかです。群馬県では交換会の競りや各種任務を交代でされています。東京の古書店は専門化し生き残れるでしょうが、各地の古書店で店舗を開設されているところは少なくなりました。東京から離れた古書店の生き方を見つめてみたいと思います。

古本屋として思うこと 科学書院

「書籍が売れない」のではなく、「販売方法の未構築」にも、利益があがらない一つの原因があると思う。既存の販売方法の長所と短所を検討して、新たな方針をたてる必要に迫られているのが現状であると推定している。一例を挙げるならば、「海外での販売」や「国内における新規購読者の開拓」に向かう必要があると考えている。