古本屋としてうれしかった事は?